竹内涼真「陸王」のオーディションに参加したのは監督への憧れ

 

こんにちは。管理人のうさ海です。

ドラマ「陸王」が放送されてから、徐々に視聴率を伸ばしていますね!

普通初回が高視聴率なことが多いのですが’、「陸王」は3話が最高視聴率を記録しているそうです。

そんな「陸王」で故障した選手を演じるのが今人気若手俳優の竹内涼真くんです。

陸王出演前から様々なドラマに出演して人気が上がっていた竹内涼真くんなので、もともと山崎賢人くんのようにキャストとして選ばれたのかと思いきや、自ら志願してオーディションを受け、「茂木裕人」の役を射止めたようです!

今回は竹内涼真くんが「陸王」にオーディションに挑んだ理由と役作りでの努力についてまとめました。

ぴったんこカンカンに出演したときにもエピソードを語ってましたが一つの作品に一生懸命な姿に惚れ惚れしてしまいました。

まずは俳優・竹内涼真のプロフィールから見ていきましょう!

 

竹内涼真プロフィール・主な出演作品

生年月日 1993年4月26日

出身 東京都

身長 185㎝

所属 ホリプロ

主な出演作品 2014年 「仮面ライダードライブ」主演

2015年 「下町ロケット」

2016年 「時をかける少女」「帝一の國」

2017年 「過保護のカホコ」「ラストコップ」

以前はモデルを行なっていたそうですが、若手俳優の登竜門である仮面ライダーで一躍有名になったのですね!

上にあげた作品以外にも数多くの作品に出演されていて女性の中では竹内涼真くんは正統派俳優としても有名でした。

池井戸潤氏原作のドラマ『下町ロケット』に出演していたので、それがきっかけなのでしょうか?

「陸王」への出演を熱望さした理由に迫っていきたいと思います。

 

人気俳優竹内涼真が「陸王」に出演したかった訳

役の’’茂木裕人’’にすごく運命的なものを感じたから

竹内涼真さん演じる茂木裕人は野球選手だったが、腕の故障でマラソン選手に転換。

一時期はトップを取るも、新しい走行・靴が合わず怪我をし、そこから這い上がろうとしている役です。

 

マラソン経験はなかったものの、竹内涼真さんはもともとサッカー経験者があり、過去には怪我で一線を退いた経験もあるようです。

そのため、「怪我で一線を退いてしまうスポーツ選手はたくさんいると思います。その中で怪我から気持ちを切らさず這い上がる茂木裕人を、僕自身の経験と照らし合わせながら自分にしかできない茂木を繊細に表現していきたいと思います。」

と熱い想いを語っていました。

 

自分と茂木裕人が同じように感じ、運命的だったと感じ、オーディションに挑まれたのですね!

でも、オーディションに挑まれたのはそれだけではなかったのです!

 

「下町ロケット」で福澤監督に惚れた!?

竹内涼真さんが以前出演していたドラマ「下町ロケット」も「陸王」と同じく池井戸潤さんが原作のドラマです。

そして、「下町ロケット」「半沢直樹」「陸王」など数々の池井戸潤さんの作品でメガホンを取ったのが福澤克雄監督。

福澤克雄監督率いる福澤組は、俳優たちの憧れの存在で、竹内涼真さんもその1人でした。

番組では「もう一度福澤監督のドラマに出たい。」と熱望し、オーディション参加を決めたというのです。

 

確かにどれも名作ですよね。

陸王を見ていても、撮影の仕方など似ている部分がたくさんあります。

それにしても、俳優が憧れる福澤監督の作品が激戦だったのではないでしょうか!?

 

 

200人のオーディションで主役の座を射止める!

竹内涼真さんが受けたオーディションは参加人数200人もいました!

オーディション方法は陸上のトラックを実際に走るというもの。

走法、持久力、ランナーの素質などを陸上競技の実力者が見て判断したそうです。

 

それにしてもドラマのオーディションでもマラソンチェックなんて本格的ですよね!

 

そして、参加者200人の中から見事竹内涼真さんが選ばれたようです!

 

しかし、もともとサッカー選手だった竹内涼真さんは筋肉がつきすぎていたようで…

監督から「その筋肉落とせる!?」と言われたそうです。

それに対し「はい!」と即答した竹内涼真さんですが当時はドラマ「過保護のカホコ」に出演していたため、隠れての肉体改造だったようです(笑)

 

竹内涼真の役作りに対する努力がすごい!

「陸王」で陸上の技術チェックをしているのは青山学院大学監督の原晋監督です。

あの駅伝3連覇を達成した原監督ですね!

この前のマラソンでは連覇なりませんでしたが、テレビでも有名な原監督がマラソンの技術チェックとして活躍しているそうです。

そんな原監督から言われたのは以下の2点です。

一つずつ見ていきましょう。

筋肉量を減らす

竹内涼真さんはもともとサッカー選手だったため上半身にマラソン選手としては余分な筋肉が付いていました。

そのため、青山式筋トレによって3ヶ月でマラソンランナーのような筋肉に改善したそうです。

3ヶ月というと、「陸王」の前に出演していた「過保護のカホコ」の撮影真っ只中です。

ドラマに影響がないように見えない部分からトレーニングを行なったようですね!

 

マラソンの走行チェンジ・マラソン選手の特徴

マラソンん自体は未経験の竹内涼真さん。

そのため、走りかたやタスキの掛け方、35キロ地点での選手の表情や仕草など演技に関わるようなことも原監督から教わったそうです。

原監督は筋肉の改造もできたことで、腕が触れるようになって来た。と話しています。

しかし、肉体改造はやっぱり俳優さんに取っては辛かったでしょう。

それともやりたい役を射止めた竹内涼真さんに取っては苦痛ではなかったのでしょうか!?

 

 

まとめ

今回は竹内涼真さんがドラマ「陸王」のオーディションのきっかけと役作りの努力についてまとめました。

オーディションは茂木裕人が竹内涼真さんと似ていたり、福澤監督への憧れから熱望していたのですね!

そんな役を射止めたから役作りで肉体改造していますが苦ではなかったのでしょうか!?

今後もマラソン選手としての竹内涼真さんに期待です!

 

スポンサーリンク