2004年米倉涼子・2017年武井咲主演「黒革の手帳」キャスト比較!

 

こんにちは。管理人のうさ海です。

2017年に放送された「黒革の手帳」。主演は武井咲さんでしたが、2004年に放送されたのは米倉涼子さんでした。

もともと松本清張の長編小説をそのままドラマにしたのですが、その話が面白く内容が同じでも何回も見てしまいます。

今回も清純派のイメージが強かった武井咲さんがどの様に演じているのか毎回楽しみでしたよね!

しかし、2004年の米倉涼子さん演じる「黒革の手帳」と比較しようとしたのですが、キャスト陣を忘れてしまい、記憶もうる覚えだったので、今回は2004年と2017年の「黒革の手帳」キャストの比較をまとめました。

 

 

黒革の手帳を無料視聴する方法はこちら!

黒革の手帳をという人は31日間無料で視聴できるU-NEXTが便利です。

U-NEXTで視聴するとこんないいことがあります!

  • 黒革の手帳が1話から視聴できる。(4話など見たいところだけの視聴も可能)
  • 31日間は無料で使用できる
  • ドラマだけでなく映画、アニメなどの動画が最新作から名作まで80,000本以上配信!雑誌も見れる!
  • 様々なデバイスで見ることができるのでお好きな時間で、どこでも携帯やiPad、パソコンで見ることができます。

今すぐクリック31日無料U-NEXT申し込みはこちら!

 

「黒革の手帳」あらすじ

原口元子は、銀行の支店に勤務する地味なOLだった。銀行に勤めている時に1億2000万を横領。

横領がバレた元子は逃げ、ATMからお金を引き出し、そのお金を元手にクラブ「カルネ」をオープンさせる。

 

原口元子の接客にとお客の人脈によりお客さんを増やしていった。

黒革の手帖に書き写した裏金資金の顧客名簿を元手にさらなる野望に向かって突き進んで行くのです。

情報を手にしてお金に変える。本当の愛を求め、人を疑う元子とそれに巻き込まれていく周囲の人々の人間ドラマも楽しみです。

詳細なあらすじはこちら→【ネタバレ注意!】米倉涼子「黒革の手帳」1話から最終話まであらすじ

 

そんな「黒革の手帖」のキャスト陣はこちら

2004年と2017年のキャスト比較をしてみました。

 

「黒革の手帳」2017年と2004年のキャスト比較一覧表

  2017年 2004年
原口元子

母が背負った借金を相続。銀行で真面目に働いているが、大金を貯金する人たちとの違いに現実を痛感する。

借金返済のため、銀行と銀座のクラブ『燭台』のホステスとして働きついに親の借金を完済。

銀行で横領したお金を元手に銀座の一等地にクラブ『カルネ』をオープンさせる。

武井咲

米倉涼子

安島富夫

衆議院議員秘書。政治家になるという夢を実現させるため、国有地払い下げの窓口、進学・就職の斡旋、愛人との密会の手配、スキャンダルのもみ消しなどの“汚れ仕事”にも懸命に奔走し、現在の立場を築いた。

女は利用するもの、と割り切っていたが元子との出会いでその価値観が崩れ始める。

江口洋介

中村トオル

山田波子

元子に誘われホステスになると、男を手玉に取って儲ける術を覚え、豹変。

一気に人気ホステスへと成長し、やがて元子のライバルとなっていく。

仲里依紗

釈由美子

檜林謙治

楢林クリニック院長。

コツコツ勉強して医者になり、コツコツ裏金を貯めて成り上がった。小さな皮膚科から市子と二人三脚で病院を大きくし、念願の新病院建設まであと一歩というところで転落が始まる。

奥田瑛二

小林稔侍

中岡市子

楢林クリニックの看護師長で院長である楢林の愛人。

院長を愛し、病院を愛し、ひたすら尽くしてきたが、ある時思いもかけぬ裏切りに遭い…?

高畑淳子

室井滋

橋田常雄

大手予備校の理事長。子息を医者にしたい親と大学病院の間で暗躍し、裏口入学で得た巨額の利益を借名口座に預金している。

高嶋政伸

柳葉敏郎

岩村叡子

元子が最初に夜の世界に足を踏み入れ、働いたクラブ『燭台』のママ。銀座のルールとモラルを守る古き良き昭和のホステス。

真矢みき

山本陽子

長谷川庄司

安島の父親代わりの後援者。楢林の新病院建設予定地の口利き役でもある。

伊東四朗

津川雅彦

村井亨

元子が働く東林銀行の次長。

 

遠藤賢一

 

渡辺いっけい

 

どちらとも豪華な俳優陣ですね!

調べて気付いたのですが、2004年の岩村叡子役には初回で原口元子役だった山本陽子さんが出演されていますね!

これは今後米倉涼子さんや武井咲さんも次回作に出演の可能性はあるのでしょうか!?

楽しみですね。

 

武井咲の演じる黒革の手帳は高評価!?

米倉涼子さんが演じた「黒革の手帖」の評判が良かったためその後演じた武井咲さんの黒革の手帖は放送が開始される前より期待は少なかったようです。

実際に放送されると前評判と同じ様に「若いんじゃないか」など評判は良くなかったです。

 

上の画像でも米倉涼子さんが主演された時は20代でしたが大人っぽい色気が出てますよね。

一方、武井咲さんは可愛さが残っているためクラブのママ・悪女のイメージは弱かったのかもしれません。

実際、視聴率にもその結果は出てしまった様です。

「黒革の手帳」視聴率比較はこちら→米倉涼子主演の「黒革の手帖」視聴率は武井咲よりすごかった

 

細かな時代背景の違い

情報の手段はスマホ

さすが、現代風になってます。スマホになって情報を確認していますが、大きなストーリーの違いはなかったです。

まあそれはそうですよね。この時代でスマホじゃない方が違和感を感じます。

今時の銀座のママたちもあんな感じなのでしょうか!?

実際に働いているママの意見も聞いて見たいですね。

 

服装の違い

服装は米倉涼子さんの方がバブル感、昔な感じがしますね。

特に山田波子の服装の違いが印象的で毛皮のファーが安っぽく感じます。

男性の服装についても昔の方が派手で現代はオシャレでクールといった感じでしょうか!?

 

まとめ

今回は2004年と2017年のキャストの比較を行いました。

どちらとも出演者は豪華なのは間違いありません。

さすが人気ドラマを彩るメンバーといった形でしょう。

面白かったのは1982年初回の「黒革の手帖」を演じた山本陽子さんが2004年にクラブ『燭台』のママとして戻ってきたこと!

長い作品ですからストーリー性がありますよね!

今後米倉涼子さんや武井咲さんが先輩ママとして戻ってくるのも楽しみです!

 

 

黒革の手帳を無料視聴する方法はこちら!

黒革の手帳をという人は31日間無料で視聴できるU-NEXTが便利です。

U-NEXTで視聴するとこんないいことがあります!

  • 黒革の手帳が1話から視聴できる。(4話など見たいところだけの視聴も可能)
  • 31日間は無料で使用できる
  • ドラマだけでなく映画、アニメなどの動画が最新作から名作まで80,000本以上配信!雑誌も見れる!
  • 様々なデバイスで見ることができるのでお好きな時間で、どこでも携帯やiPad、パソコンで見ることができます。

 

今すぐクリック31日無料U-NEXT申し込みはこちら!

 

YouTubeでdailymotionで視聴しようと思っている方、著作権侵害の可能性もあり危険なんです!!!

そこらへんも詳しく説明してありますので詳細が気になる人は 無料で最新動画を安心・安全・確実に見る方法を確認ください。

 

 

スポンサーリンク