菅田将暉 転機となった映画「共喰い」との出会い

 

今や人気俳優となった菅田将暉さん。

俳優業にとどまらず歌えばうまい、バライティーでは面白い、私服はオシャレといろんな番組で引っ張りだこですね。

2016年には映画9本も出演され人気の菅田将暉さんですが菅田将暉さんの転機となったのが映画「共喰い」出そうです。

新作映画の「あゝ荒野」では菅田さん自身「共喰い以来の濡れ場シーンだった。」と話しています。

そんな転機の映画「共喰い」とはどんな映画なんでしょうか?

監督からの出会いから映画での苦労、演技についても探っていきましょう。

 

 

映画「共喰い」無料視聴する方法はこちら!

映画「共喰い」は31日間無料で視聴できるU-NEXTが便利です。

今すぐクリック31日無料U-NEXT申し込みはこちら!

YouTubeでdailymotionで視聴しようと思っている方、著作権侵害の可能性もあり危険なんです!!!

そこらへんも詳しく説明してありますので詳細が気になる人は 無料で最新動画を安心・安全・確実に見る方法を確認ください。

 

 

 

あらすじ

2012年に芥川賞受賞作である田中慎弥の「共喰い」を映画化した作品。

脚本;新井晴彦と監督;青山真治がタックを組んで製作した。

ロカルノ映画祭にて「YOUTH JURY AWARD 最優秀作品賞」と「ボッカリーノ賞最優秀監督賞」をダブル受賞。

 

舞台は昭和63年の夏。山口県下関市。

セックスをする時だけに相手の女を殴る父親(光石研)と空襲で左手首を失った母親(田中裕子)のもとに生まれた遠馬(菅田将暉)。

父親と愛人、遠馬の三人で暮らしていたある日、遠馬は父親のセックスを目撃し衝撃を受け家をでる。

自分にも父親と同じ血が流れているんじゃないかと葛藤しながら生きていく遠馬。

そんなある日恋人にバイオレンスなセックスをしようとしてしまい…

 

17歳の青年遠馬(菅田将暉)、セックスするときに相手の女を殴る父親(光石研)と父親の愛人(篠原友希)、遠馬のガールフレンド(木下美咲)、空襲で左手首を失った母親(田中裕子)、それに娼婦の6人が、血と性の物語を紡ぎ出す。

 

 

 

オーディションで掴んだ主役 ここから転機が訪れる

仮面ライダーでデビューを果たした菅田さん。華々しく声をかけられたかと思ったのですが、菅田さんはオーディションで掴み取ったのですね!

それはマネージャーからの「こういうオーディションがあるよ」って原作本を渡されたのが入口だったようです。

 

しかし「共喰い」は濡れ場があります。

濡れ場に対して抵抗はなかったのでしょうか?

 

それに対し菅田さんは

どんな役も挑戦してみたいと思っていたので、僕としては、このシーンがあるからどうとかっていうのはなかったんです。というよりも、原作を読んでこの役を「やりたい」って強く思った。脚本を読んで「やりたい」って思うことはこれまでにもあったけれど、原作を読んでやりたいと思ってオーディションを受けたのは初めてだったんです。

と話しています。

 

「共喰い」が菅田将暉の転機となった訳

菅田さんは「共喰い」に出演されるまでも何作か映画に出演されています。

なぜ、「共喰い」が転機になったのでしょうか?

監督との出会い

青山監督は今回ロマンポルノをテーマにしてメガホンを取っています。

ロマンポルノは、傾きかけた日活が会社の延命を図るために、10分に1回、濡れ場(セックスシーン)があれば、素材にも主題にもこだわらないという、1971年からおよそ17年間にわたって、日活撮影所で撮られた映画です。

 

監督は演出に対してもかなりこだわって作られたそうです。

例えば

17歳の青年遠馬(菅田将暉)が扉の隙間から蚊帳越しに父親のセックスをする垣間見るシーン。

これは小説でも取り上げている中でも遠馬が父親を拒絶し、その後同じ血が流れているから自分も同じようにしてしまうんじゃないかと葛藤のきっかけともなる大切なシーンです。

 

蚊帳越しにシルエットを使ってどう表現するか性器の模型を使い角度や毛の調整に至るまでこだわって作られたそうです。

そんな監督のこだわりも菅田さんにとって大きかったのではないでしょうか?

 

監督との関わりを通じて菅田さんは「役として現場で“生きる”ことは俳優として当たり前のことではあるんですが、その当たり前を最大限にしていかなくちゃならないなって思ったんです。」と述べています。

 

本格的な映画撮影での学び

 

映画作成には監督を含めた演出部、録音部、照明部、衣装部、美術部、俳優部などがある。

それぞれが自分の仕事を行い映画を作成するわけだが短い期間で映画を作成して行くため現場での熱量もすごかったそうです。

その中で菅田さんは多くの大人に支えられ作品が出来ているという映画作成の魅力についても学びが多かったそうです。

 

初めての濡場シーン

何事も初めて何かを行うときは緊張したり反省や得られた実感も大きいのではないでしょうか?

今回菅田さんも初めて濡れ場シーンを行うに当たってかなりの緊張があったそうです。

 

それもそのはず。

事前に荒井晴彦の脚本には性描写が詳しく書いていなく、青山監督は現場でやるしかなかったそうです。

何もない状態での濡場シーンにあそこまで迎えた菅田さんの度量には感服します。

 

 

映画「共喰い」無料視聴する方法はこちら!

映画「共喰い」は31日間無料で視聴できるU-NEXTが便利です。

今すぐクリック31日無料U-NEXT申し込みはこちら!

YouTubeでdailymotionで視聴しようと思っている方、著作権侵害の可能性もあり危険なんです!!!

そこらへんも詳しく説明してありますので詳細が気になる人は 無料で最新動画を安心・安全・確実に見る方法を確認ください。

 

 

まとめ

菅田将暉さんは初めての濡れ場に緊張していたものの、ぶっつけ本番だったのですね!

まだ駆け出しだった菅田将暉さんの演技がういういしさもありながらすでに仕上がりもすごいですからこの演技力を引き出せたのは監督のおかげだったのかもしれません。

菅田将暉さんの「共食い」を見逃した方はこちらから見れます!

U-NEXTなら31日間無料ですからこの機会に全ての映画を観尽くすのもいいかもしれません!

 

スポンサーリンク