米倉涼子が離婚するまでの730日協議離婚の辛さとは!?

 

こんにちは。管理人のうさ海です!

現在放送されているドラマ「ドクターX〜大門未知子〜」で有名な米倉涼子さんですが、以前一般男性と結婚されていたそうです。

しかし、3ヶ月後にスピード離婚が報道各紙で取り上げられるも、離婚したのは約2年後。

なぜこんなに長くかかったのでしょうか?

米倉涼子さんは協議離婚による離婚だったそうですが、米倉涼子さんはどのような協議離婚だったのかまとめました。

 

 

米倉涼子元夫との出会いから離婚を決意するまで

米倉涼子さんは2014年12月に青年実業家の一般男性と結婚しています。

二人の出会いは六本木にあるBARで米倉さんが一目惚れ、声をかけたことをきっかけに交際がスタートしています。

その後付き合うようになり、同棲がスタート。

しかし、その関係は歪んだものだと言います。

詳しくはこちら→米倉涼子をモラハラしていた夫はどんな人?

 

米倉さん本人はモラハラについて正式な場での肯定はありませんが、関係者からは複数の目撃証言もあるためモラハラしていた事実は有力のようです。

そんな彼との関係も結婚すれば変わるかもと2014年12月に結婚したものの、結婚して5日後に決定的な事件が起きて離婚を決意したそうです。

詳しくはこちら→米倉涼子離婚の決定的な事件

 

スピード離婚の報道がされたのが結婚してから3ヶ月後の2015年3月

しかし、正式な離婚発表があったのはの2016年12月でした。

それまでの長い道のりは何があったのでしょうか!?

 

 

代理人よる協議離婚開始から離婚成立まで

米倉涼子さんが結婚を決意したのは結婚してから5日後ですが、その後から話し合いを続けてきたとみられます。

協議離婚とは!?

協議離婚(きょうぎりこん)とは、日本の約90%が行う離婚方法で、夫婦で話し合いをしてお互い離婚に合意をしたら「離婚届」を市町村役場に提出する方法

 

離婚は一方的に決定することができないので話し合いお互い同意をした状態で離婚が成立するんですね!

米倉涼子さんもこの協議離婚をされたのです。

しかし、相手の同意を得るために1年半以上もかかったということでしょうか?

そもそも話し合いって何をするのか?協議離婚の流れから見ていきましょう。

 

協議離婚の流れ

離婚を切り出す

「私たちもう終わりにしましょ」という感じでしょうか?ドラマであるようなシーンを想像して見ました。

実際には離婚を切り出した時暴力を振るわれたり追い出されたりすることもあるので話を切り出す前には物を片付けたり、宿泊できる場所の確保などは必要のようです。

夫婦で離婚条件を決める

離婚条件とは主に以下の4点になります。

  • 財産分与
  • 親権
  • 養育費
  • 慰謝料

米倉涼子さんの場合、子供がいなかったので親権や養育費については関係ないですね。

モラハラがあったとしているので揉めた、あるいは時間がかかった原因としては財産分与や慰謝料などもあるのでしょうか?

実際に協議離婚には代理人の弁護士さんが仲介に入っているようですのでここら辺も相談されたのでしょうね。

離婚協議書を作成する

離婚協議書ってなんだ!?そう思った方もいるのではないでしょうか!?

私も思いました。笑

どうやら調べてみるとこのようです。

協議離婚書離婚条件が守られなかった際に裁判を起こす時の証拠となる書類

相手が離婚条件を守れなかった時のお守りですね!(公式協議離婚書の方が有力)

離婚届けを市区町村に提出

離婚届けの提出先は本籍地の役場になります。住居地の役場に提出する場合、離婚届けが2枚必要になる場合もあるので注意が必要です。

 

上記のような手順を踏んで協議離婚は進めて行くのですね!

「協議離婚」と言ってもいろいろな手順があるようですが、米倉涼子さんはなぜこんなに時間がかかったのでしょうか?

 

なぜ2年も離婚が長引いたのか!?

離婚を決意したのは米倉涼子さん側ですが話し合いになっても夫は離婚を承諾しなかったようです。

というのも、夫は米倉涼子さんのことを成功につながる’’金の成る木’’と考えていたようです。

それには夫の起業当初は資金を米倉さんが負担していたり、夫の飲み会には米倉さんを接待のように連れ回していた報道もされていることからも、一種のステータスだったことは間違いなさそうです。

 

 

いや、米倉涼子さんと結婚した男性はウハウハでしょうからそう言った気持ちはわかります。

しかし、モラハラをしてステータスのために離婚を長引かせるのはカッコよくないですよね。

 

 

米倉涼子さんは2015年2月に自宅のマンションを出て、ホテル住まいをしていました。離婚とともにマンションの明け渡しを要求しているそうです。

協議離婚は一方から不服を申し立てても両者が合意しないと成立しないのが難しいところ。

 

結果として慰謝料なしで2016年12月に離婚が発表されたので慰謝料で揉めたというよりは財産分与や相手の承諾をもらうのに時間がかかったということでしょうか?

米倉涼子さんにとって離婚を決意してから約2年、730日の出来事でした。

 

米倉涼子の事務所・本人の離婚後のコメント

事務所のコメント

事務所は米倉涼子さんの離婚についてやっと離婚したという印象を和らげるために特番などで忙しい12月に離婚発表をしたのでしょうか?事務所はこのようにコメントしてます。

 

離婚の内容・詳細に関してましては、お相手の方が一般の方ということもありますので、離婚したという事実以外は何もお応えすることが出来ません」と説明。

続けて「また今後も離婚の事実以外は語らない約束となっておりますので、経緯、詳細などに関しましてはご容赦頂きたく、ご理解頂けますようお願い申し上げます」としてます。

 

事務所の看板である米倉涼子さんを守る感じが伝わってきますね。

 

報道各社に送られた米倉涼子直筆ファックス

一方米倉涼子さん本人も報道各社に直筆で

「私たちは時間をかけ協議を重ねた末、この度、離婚が成立致しましたのでご報告させて頂きます。私事でお騒がせしましたことお詫び申し上げます。これからも女優として、一人の女性として、前をみて進んでいきたいと思っております。また新たな気持ちで自分らしくいろいろなことに挑戦していけるよう、日々精進して参ります。今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。」

とファックスを送っているそうです。

本当に前に進んでいってほしいです。そして個人的には幸せな結婚をしてほしいものです。

 

まとめ

米倉涼子さんは5日で離婚を決めましたが、相手の男性は離婚に応じず、730日の期間をかけて離婚が成立したのですね。

変わってくれると信じた男性と泥沼のような協議離婚をした米倉涼子さん、「ドクターX」では「私失敗しないので」と明言していますが、夫婦問題のオペは難しかったようです。

しかし、このきっかけをバネに今後も活躍していってほしいです。

 

 

スポンサーリンク